法務の職種に携わるフリーランス

フリーランスとして活躍している職業としては、法律関連があります。弁護士や司法書士、行政書士など、法律の専門知識を活かして独立して仕事をこなしている人たちがいます。法律の分野では、腕一つで仕事をこなしていくことが可能な分野が大きく、フリーランスとして活動している人が多いです。そのなかでも、企業法務の職種として、クライアント企業に対しての法務のサポートを行う事ができます。

法務部門を維持するということは、中小企業にとっては大きな負担です。こうした背景を受けて、法律関連のフリーランスとして活動している法律家たちは、中小企業の法務部門の役割を引き受けることができます。企業にとって営業や開発だけでなく、法務の職種もまた備えておけば、何らかの法律問題に遭遇した場合に解決の糸口が掴めます。

ソフトウェア開発の会社では、著作権などの権利関係で、トラブルに巻き込まれることが多いです。中小のソフトウェア開発会社は、個別に法務部門を設けることも難しい事情もあるため、必要に応じてフリーの法律家に随時サポートを行ってもらうことが便利です。
そうすれば、ソフトウェア開発における権利上の問題で法廷闘争にまで発展したとしても、自社の権利を主張し続けることができます。

中小企業と大企業が法律問題で対立した場合、法務部門を持たない中小企業は不利になる傾向にあります。フリーの法律家が中小企業をサポートし、法律問題で不利な点はカバーが可能です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です