フリーランスならスロービジネスの展開

フリーランスをして生計をたてていくためには、仕事が続いていく必要があります。
一般的な仕事の大半には大小の企業が展開しているものがあります。そのため、個人事業を起こして仕事ができるようにするためには、企業が行う事業との差異を作り上げなければなりません。

通常の企業が行うビジネスの方向性として、スピードと量の提供という側面があります。大量の商品を短期間で生産して提供することにより単価を下げることができ、ユーザーからすれば、短時間で必要量を安価に手に入れられるという満足が得られます。サービスについても、短時間でサービスを提供できることによって、時間あたりにサービスを提供できる顧客数を増やすことが可能になります。
こういった観点から仕事や作業を効率化していくことで、よりユーザーの満足を高めながら利益も拡大していくのです。

しかし、フリーランスでスピードや量において企業に太刀打ちすることは難しいでしょう。労働力にも予算にも大きな差があるからです。
そのため、発想を変えてスロービジネスに重きを置いて、それが生きる職種を選ぶのが良い方法です。
時間はかかるけれど、質の高いものを提供するというスロービジネスのスタンスで仕事を展開していけば、一般的な企業の行う仕事との住み分けができ、成功への道が切り開けるのです。
そのためには芸寿や教育、技術職といったより深みや高みを目指せば、際限がない職種を選んで事業を展開することが大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です